豆知識

就職の面接時における質問と回答

相手からの質問にきちんと答えていくことが、就職の面接ではまず大前提となります。面接の時に面接官からまず聞かれる質問としては、志望動機ややりたいことといったその会社に関する場合が多いようです。その他、中途採用の場合は、今まで自分がどういった経験を積んできたか、どんな分野の仕事が得意なのかといった事柄を質問されるようです。面接対策の一環として、高確率で聞かれる質問については、答えを用意しておくことがポイントです。

採用する側の会社も決まりきった質問をしていては、多くの人の中から選考するための材料を得ることができません。定番の質問ばかりでは、答える側はそれに対する準備を整えてきますので、結果的にみんなが模範解答に近い答え方になってしまいがちです。面接官としては、相手が準備をしていないような質問をしてみて、その人の考え方や人となりが見えるような回答を得たいわけです。就職面接では、質問の意図をくみ取り、それに合った回答をすることが必要となりますし、それが求められます。面接の基本スタイルは相手の質問に答えることですが、そのためには、質問の意味をきちんとわかっていなければ答えようがありません。場合によっては、相手がどういうことを聞きたいのかを、再度確認せざるをえないこともあります。回答の内容そのものも重要ですが、難しい質問に対する答えを出すまでの過程も評価の対象となっています。面接の場では、質問への答えだけでなく、質問を聞く姿勢や質問の内容がわかりにくかった時の反応なども評価されているといえます。
ブラック融資

就職の面接時における質問と回答 はコメントを受け付けていません。