キャリアアップ

就職活動と適性検査

就職活動をする時には、どんな仕事につきたいかか大事です。それを決める手がかりになるのが適性検査の結果です。とはいえ、向いている職業が何かというテーマは、案外と答えが出ないものです。様々な業種について調べてみたり、企業訪問をして雰囲気を知るなどして自分の意志を明確にしていきます。

どういった職業であれば自分の能力は生かせるのかを自覚することも必要になります。どんな業種に自分が向いているか知るきっかけとして、適性検査は役に立ちます。就職活動をする時にどんな仕事であれば自分はやりがいをもって働けるか適性検査を受けて知っておくことは大事です。適性検査の内容は色々で、その一つにR-CAP(総合適職発見プログラム)があります。高校生から社会人まで、様々な年代の人が受けることができます。検査を受けた人の個性、もの感じ方、考え方、好みなど、多様な角度からのアプローチで適性を分析していきます。R-CAPの裏づけとなるのは社会人2万人ぶんのデータで、大学生の適性を判断します。適性検査を受けることで自己分析が進めやすくなり、就職活動時に必要な自己PRの補強にすることもできます。自己PRの訓練として、R-CAPストレングスという方法を使うこともできます。自分にはどんな良さがあるかを検査から見出すものです。就職活動で自己RPができるようにするためのものです。適性検査は、自分の強みは何かを客観的に指摘してくれるため、就職活動時の自己アピールの材料になります。
格安HDDデータ復旧

就職活動と適性検査 はコメントを受け付けていません。